Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生あのね・・・お店をつぶすのかもよ

あるところにお好み焼き屋があった。

そのお店は、山のほうで営業していたが、
「俺のお好み焼きって、ウマイから都会にいっても売れるんじゃね?」
とか、店主が思ったかどうかは知らないが、ともかく店主は山を降りた。

彼の予想は当たっていた…と思う。
お好み焼きは売れた!飛ぶように売れた!!…たぶん。

「安い!ウマイ!」

お客は口をそろえて、そう言った。
店主は大満足だ。

そのお店が流行ったのには理由がある。

ソース、マヨネーズがセルフサービスなのである。
世のマヨラー、ソースラーは奮い立った。

「ま、マヨネーズかけ放題!!?ここはパラダイスですか!?」

「ソースがかけ放題ですってぇ!!?お、おもちかえりぃぃ!!」(できません

店には、それ以外にもセルフな物があった…紅生姜である。
タッパいっぱいに入った紅生姜も客の好みに合わせて入れれるのである。

店は順調だった。
だが店主は知らなかった。紅生姜が悲劇の種になることを…


さて、ここに一人の男がいる。
仮にA君としておこう。
彼は紅生姜が大好きだ。

赤いところが好きだ。
彩のない食べ物を紅生姜で赤く染めたときなど心がおどる。

どんぶりに紅生姜を敷き詰めていく様などもうたまらない。
牛丼屋の牛丼に並々と紅生姜を敷き詰め、牛丼なのか生姜丼なのかわからなくなったときなど感動すらおぼえる。


そんな感じで彼は紅生姜が好きだった。

彼は店主の店を訪れた。お好み焼きを食べるためだ。
料理がきて、いざ食べようとしたとき彼は気づいた。紅生姜があるのだ。
彼の考えでは、飲食店の紅生姜はかけないと失礼にあたる!!という、よくわからない理念をもっている。
当然、彼は紅生姜を入れた!お好み焼きに入れた!!ともかく入れた!!!
って、言うか入れ物を逆さにしてどっさり入れた。つまり、全部入れた!!!
そして、食べた。
…美味かった。

先ほどの理念を補足すると、使い切らないと失礼にあたると、と考えているので、さらに始末が悪い。


A君の帰った後で店主は気づいた。
箱いっぱいにあったはずの紅生姜が消失しているのだ。
先ほどの客が来る前はたしかにあったのに。

「紅生姜が逃げ出した!!?」

店主は泣いた。

その後もA君は店に訪れた。
そして、帰った後には紅生姜の姿が消えている。

さすがの店主も気づいた。
いかにセルフサービスな紅生姜といえども、毎回毎回すべて使われては経営難に落ちいる。
店主は、苦渋の決断をするしかなかった。

次にA君が店に訪れたとき、彼は異変に気づいた。
「べ、紅生姜がない!!?」
そう、無いのだ。前に訪れたときは確かにあったはずの紅生姜がどこにも無いのだ。
彼は疑問に思いながらも、お好み焼きを頼んだ。

そして、彼の前に出された料理には…

「べ、紅生姜がのってるぅ!!?」

前回までは紅生姜が料理に乗ってることは無かった。
セルフ紅生姜が無い、かわりに店主みずから料理に紅生姜をもる。

「こ、これはまさか!?システムが…変わってる?」

そう、そうなのだ!毎回、紅生姜を食べつくしていく客に業を煮やした店主が紅生姜をセルフからはずし、みずから盛ることにしたのだ!!しかも、申し訳程度にチョコーンと盛られている。

A君は戦慄した。
「ま、まさかこの店は経営難なのか?私が生姜を食べつくしたから、紅生姜を空っぽにするから、経営がいっぱいいっぱいなのですか?」

その、作戦がうまくいったのかは知らないが、いまでもその店は残っている。





と、そんな実際にあるお店の話。ダンデライオンなお好み焼き屋です。

ちなみにA君は筆者ですよ。
大学近くのお好み焼き屋のシステムが変わったんですよ。
私が紅生姜を食べすぎたからなんですかね?
いつも一緒に行ってる先輩には「君のせいだよ」って言われたけど、実際そんな気がするんだ。

もし、マヨネーズとかソースを空っぽにして帰ったら、それらもセルフからはずされるんですかね?
もし、あの店がつぶれたら私のせいだと思います。

私が…私が紅生姜を食べすぎたばかりに、店が…店がぁぁ!!

先生あのね・・・おれは帰ってきたんだ!!

まあ、そんなわけでmixiのほうにながれていたわけで、半年近く更新をおろそかにしておりましたが、このたび恥ずかしながら帰ってきました。

いろいろ、活動するのにHPは欠かせないと思いまして。

また、新しく作るのもメンドイので細々とここでやっていきます。

だれも、見てなくてもやっていくのです。

気にしないのです。

そんな感じでよろしくおねがいします。

先生あのね・・・ガラゴガラ

はい、どうもこんにちは、 明日の追試を乗り切れば夏休み!マスターです。


明日追試があるから、今日は部室に泊り込んで勉強しようと思ってたんですよ。
そしたら、空がゴロゴロ鳴りはじめて、「これは一雨来るな」とか思ってたらいきなり


 『バチコーン!!!』『グワシャーン!!』

みたいな音が鳴って停電しました。
もう、空が光って一秒も経たないうちに音が聞こえましたよ。
カミナリが完全に近くに落ちましたね。

あそこまで間近に聞こえるカミナリは、初めてでしたよ。

アレは心臓に悪いね。お年寄りなら命を落としてるところでしたよ。
健康な体に感謝です。


「ピカチュウ、かみなりだ!」

「ぴかちゅう!」

ぐわしゃーーん!

もう怖くてピカチュウが育成できません。

先生あのね・・・しょっぱいよ・・・

はい、どうもこんにちは、 眠いマスターです。


今はテスト勉強の真っ最中。
もう少し早くからはじめればいいのに・・・人間は学習しないなぁ。


現在カップラーメンを食べているのですが、皆さんはカップめんにお湯を注がず。つまりそのまま食べたことがありますか?

私はあります。
なんか漫画でやってたから、まねしてみたんですよ。

結果としては、安易に真似をしないほうがいいという、教訓を学んだわけです。

絶対真似するなよ。私は、半分近く食べて「コレハ違うな」とか思いはじめました。
でも、いまさら引くに引けないのでそのまま突っ走り、見事に間食しました。


味ですか? しょっぱいです。


ほんと、安易に漫画の真似とかするものじゃないよ。

先生あのね・・・展示の絵は注意せよ

ハンター*ハンター単行本一巻の作者の言葉で、富樫先生はヤル気満々でした こんにちは、マスターです。


前々から大学図書館に製作した作品を展示できる、という話がありました。
しかし、先方の不手際により展示予定日時が大幅にずれ、今日やっとのことで作品を展示しました。

現場に行ってみたところ、予想よりスペースがあったので展示作品もなかなかの数になりました。

で、絵を展示するために張っていくわけですが、描いた作者が不在の絵がたくさんあるわけですよ。
展示する絵には作品名も一緒に張っておきたいんですが、なにしろ本人がいない…
そうなるとCG班ではお約束の方程式が発動します。

作者不在 + 絵 + = 好き勝手にタイトル書いて良し


まあ、そんなわけで好き勝手やらせていただきました。
好き勝手やったタイトルを一部公開しておきますね。

『溢れ出す煮汁』『ニーソ』『野村』『荒井』…

何故か後半はプロ野球選手の名前が多く飛び交いました。

「ちょwwwおまっwwその萌えキャラに、野村ってww」

そのくらい作品とタイトルの不協和音が心地よかったです。(倭五夢さんのふたご姫キャラの一人が野村だったと思います)

それで、作品展示をしていくわけなんですが、仮にも学校に張り出す訳ですからヤバイ絵にはNGがでます。
ヤバイ絵の定義が『18禁、グロ』とかそんな類だと思います。

なんとその定義に私の絵が引っかかったんですよ!!


ももちゃん



で、上の絵がソレなんですが…どうですか?

どう考えても何の変哲も無い桃でしょ?
それを、責任者のやつら…「これは、ちょっとぉ・・・」とか、抜かしやがった!
ちょっとぉ…?ちょっとって何よ?特に「…」に入る言葉は何よ?何を言いたかったのよ?

アレか?「ちょっと…僕たち青少年には刺激が強すぎるので展示を控えていただけないでしょうか」か?それとも、「ちょっとぉ、なんでこんな絵描いたのよ!?ココは公共の場だって言ったでしょ?もう知らない!こんな猥褻物陳列罪をするマスター君なんて知らない!!」なのか!?

いずれにしろ、言われるなら後者を望みます。

アレが猥褻なら、ジャンプとか発行中止になるよ!?マガジンなんてパンチラが当たり前ですよ。
挨拶変わりと言わんばかりにパンチラですよ。


話がそれましたが…別に問題無いと思いませんか?だって桃ですよ桃!!
そりゃ、パンツ履いてるけど、あれは品質保存のためであって性的な意味など一つもナッシングなんですよ。

たまたま、桃園を営んでいる経営者がかぶせるものが無いからアレで間に合わせたんですよ。
自分の履いてたパンツを脱ぎ桃に被せてやる・・・。

泣かせる話じゃないですか?何も被せずにほったらかしとけば確実に品質を落とすであろう桃を布切れ一枚で救ったんですよ!!?しかも自分がノーパンになることを恐れもせずにやってのけたから、さあ大変だ。

これは桃も恩返しに行くしかないじゃないか!?

古来より日本には、助けてもらったら恩返しに行かなければならないという仕来りがあります。

傘地蔵・鶴・狐・蛙・亀・ネコ…などなど、数え上げればきりが無いほど恩を返しまくりです。

「このことからも分かるように、日本は恩返し大国だったんだよ!!」

「な、なんだってぇ~~!!!」

書いてるこっちも驚きです。私は偶然にも日本の秘密を解き明かしたようです。(現在もこの謎は、総力を挙げて調査中である)


で、話戻るけど、日本は恩返し大国なんですよ。島国日本は世界的に見ても希少な恩返し大国なんですよ。

そんな国に生まれた桃なら恩返しをしないわけにはいきません。やります!!この桃は見事、恩返しをやってのけます!!

そんな桃の気持ちを知らない桃園の経営者は家路につきます。ノーパンですが家に帰ります。
そして就寝します。(ノーパンで)
次の朝起きてみてビックリですよ。
なんと枕元にお礼の品が沢山あるではありませんか。

「これは桃の思し召しなんだなぁ」

と、経営者は思います。
そしてこれからも今まで以上に桃を大切にしていくために宣言します。


「我、天に誓う。履かせるものは違えども 品質保存にはパンツ・パンティを履かせること願わん」

これが世に言う『桃園の誓い』です。




ほらね。こう考えると納得がいくでしょ?
こんな歴史的背景があるから、この桃はパンツを履いてるんですよ。
なにもおかしいことは無い!

よってこの絵は無害であることをここに宣言します。


p,s 桃からのお礼の品にパンツは含まれていませんでした。
なので経営者は生涯ノーパンを貫きとおしたそうです。
めでたし、めでたし。

Appendix

プロフィール

魔星

  • Author:魔星
  • 好きな言葉は、「萌えるために僕は生きる!!」



最近の記事

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。