FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuta.blog17.fc2.com/tb.php/51-0e6cde9a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

先生あのね・・・委員長キャラによくいるよね

クリリーン!! 無茶だ!!
どうもこんにちは、魔星です。

君はツンデレを知っているか!?

いきなり始まりました今回の日記はツンデレを語りたいと思います。
近頃ツンデレという言葉をよく耳にするようになりました。 みなさんもよく耳にするはずです。
え? 耳にしませんか? それはいけません。こいつを読んでツンデレに興味をもってください。

そもそもツンデレの意味は
「普段はツンツンしてるけど、二人っきりの時は急にしおらしくなってデレデレといちゃつく。」
これがツンデレの基本スタイルです。
このキャラの魅力は「ツンツン」している面と「デレデレ」している面のギャップです。

コレに当てはまるキャラをアナタはすでに知っているはずです。
高貴なお嬢様・クラス委員長なんてツンデレの宝庫ですよ。
つまり、コンナノや
[]


コンナノがこの子はとてもいい子なんだ


ツンツンしたりデレデレしてくるわけですよ。

先ほどから「ツンデレ、ツンデレ」言うとりますが、一口にツンデレといってもいろんなタイプがあります。
今日はその中から代表的な二つのタイプを紹介しようと思います。

一つは「幼なじみでツンデレ」です。小さい頃からの長い付き合いで、異性として意識せず仲がよかった頃の二人の距離のまま大人になり、互いに恋愛感情に素直になれなくて喧嘩した状態からやり直す、という比較的ヒロインキャラにありがちなタイプです。幼なじみネタのストーリーの三割がこれであると思います。青春群像モノの醍醐味であり、これがなくてはドタバタラブコメディの意味がないです。
そして、もう一つは「いきなり喧嘩するツンデレ」です。食パン咥えて出会い頭に衝突したら初対面なのに喧嘩し、別れてから数時間後に運命的な再会を果たしたら喧嘩し、次の日に普通に会ったら名前も知らないまま理由もなく喧嘩する漫画の一話めで起こりそうな展開を引き起こすタイプです。恋愛ゲームなどで、幼なじみキャラが尽くすタイプや引っ込み思案なタイプだった場合、二番手や三番手はだいたいこれになると思います。友人キャラ連中から煽られるだけで必要以上に相手を罵り、二人っきりになったら意味もなく言い争い食べ争い、イレギュラーな異性に掠め取られそうになると親の仇のごとく闘志を燃やす。
そして、このどちらのタイプも、いざひとたび垣根を越えてしまえば、見ているだけで体が痒くなりそうなアマ~イ、アマ~イ濃密な関係が待ているのです。ワシもそんな恋がしたいのう・・・

こんなにツンデレがブームならそのうち今後は「メイド喫茶」だけではなく、「幼なじみ喫茶」「ツンデレ喫茶」が流行るんじゃないですかね。
ちょっと妄想してみよう・・・



「すいませ~ん。 コーヒーください。」

「な、なんで私がアンタなんかのコーヒーを淹れてあげなきゃいけないのよ!  な、何よその目はっ!文句あんの!?・・・わ、わかったわよ。淹れてあげるわよ。 す、好きで淹れてるんじゃないんだからね!! アンタだから淹れてあげるのよ!!」


・・・疲れそうだな~。
店のシステムは、最初の入店時は「ツンツン」部分が多すぎて水もくれないけど、二回・三回と通っているうちにだんだんと「デレデレ」ポイントが溜まってきてサービスで何かくれたりするかもしれない。
どうですかね、このシステム? 常連になりがいのある店だと思いませんか? ・・・思いませんよね。

これじゃ、ただのワガママな喫茶店だもんね。
でも、完全に「デレデレ」にさせれば店員のお持ち帰りも可能かもしれないんですよ。 ・・・それじゃぁコスキャバと変わらんか。 やっぱりやめとこう。

ツンデレは、その子を好きだという気持ちが一番大事なのかもしれませんね。 好きでもない子に「アンタなんかの茶なんて淹れてあげないわよ!」とか言われても腹立つだけですもんね。

結論
ツンデレキャラを愛でるときは、その人物を好きな気持ちと少しの寛容な心を持って接してください。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuta.blog17.fc2.com/tb.php/51-0e6cde9a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

魔星

  • Author:魔星
  • 好きな言葉は、「萌えるために僕は生きる!!」



最近の記事

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。