Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuta.blog17.fc2.com/tb.php/41-a8c50c5c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

先生あのね・・・私も改革するよ

待て!! これは、きっと罠に違いない。(孔明の)
どうもこんにちは、魔星です。

選挙の時期ですね。
今年から私にも投票する権利が与えられましたよ。
しかし、「たけしのTVタックル」をたまに見るぐらいなので、政治の知識はあまりありません。
とりあえず、郵政民営化反対なので反対している党に票を入れたいと思います。

投票するにしても、男の人の場合は、ちゃんと公約とか聞いて投票しますが、美少女が立候補したら公約も聞かずに喜んで投票しちゃうね。


                     <妄想シアター> 
             <第七話> (ワシが入れる言うたら、入れるんじゃ!!の巻)

萌ちゃん「このたび立候補しました 萌ちゃん です。 みなさまの清き一票おねがいしま~す。」
魔星「へぇ~。 お嬢ちゃん立候補したのかい?」
萌ちゃん「ハイ。 萌っ娘党から立候補した 萌ちゃん と申します。 清き一票をよろしくおねがいします。」 ペコリ。
魔星「ガッハッハ、元気なお嬢ちゃんだ。 わかった、おじちゃんがお嬢ちゃんに入れてやろう。
 ただし、入れるのは票だけではないがな。」
萌ちゃん「?。 他に何を入れるんですか?」
魔星お嬢ちゃんに入れるんじゃよ。」
萌ちゃん「?・・・!! ま、まさか・・・。」

魔星「グェッヘッヘッヘ。 もぉぉ~えちゃぁぁ~ん!!」

ガバッ

萌ちゃん「オジちゃんの一票でイッパイだよぉぉ~。」

・・・
・・
やれやれ、相変わらず頭の悪い内容だな。
選挙のことを語って社会派をアピールしようと思ったのに・・・妄想ばっかりかよ!!

でも、そんな魔星が大好きな水戸黄門一行であった。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuta.blog17.fc2.com/tb.php/41-a8c50c5c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

魔星

  • Author:魔星
  • 好きな言葉は、「萌えるために僕は生きる!!」



最近の記事

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。